MENU

YAMAUCHI Co., Ltd.
RECRUIT SITE

INTERVIEWインタビュー

PROFILE

名前 : 井筒 健太(イヅツ ケンタ)
出身大学 : 岩手大学大学院 工学研究科 卒
入社 : 2010.04.01
所属 : メディア開発部 OAプロセス部品開発グループ
担当 : メディア開発リーダー

風通しがよく、
助け合える環境。

ヤマウチで

現在はOA部品開発グループという部署に在籍しています。業務内容はプリンターとか複写機の中身に使われているゴムローラの開発がメインになります。
オフィスやコンビニに置いてあるものから、広告などの印刷に使われるような大型の機械、印刷会社の機械にも入っています。
開発の業務としては、主に試作を通して、材料や工法を開発するところから、実際に工場で量産できる状態にするところまでを担当します。営業と一緒に客先へ行って話をすることも多いです。
仕事の中では、自分が試したいことがあればダメとは言われないですね。「ある特性を改善したい」というテーマに対して、その為に「こういう方法がいいんじゃないか」とか。
自分で色々と考えて、意見を持って行ったり実際にやってみたり。そこで結果が出なくても次に繋がるっていうのはありますし、色々やらせてもらえます。
今後は更に幅広いスキルや知識を身につけて業務に活かせるようなところまで持っていきたい。

自分のアイデアが、海を渡る

今在籍している部署の製品だと、海外の量産工場は中国の深圳かマレーシアの2拠点になります。所属する部署によって場所は違いますが、海外には必ず行くことになりますね。言葉は最初から喋れるとかなり有利だと思います。
基本的に海外は量産工場になるので、自分が開発で作ってきたものを向こうで量産品として作ってもらう為にサポートとして出張します。最終的にはお客さんに流れて、それが数字として出てきて、売上がいくらあって、どのくらい貢献しているかとか。その辺が見えてくるとモチベーションがあがります。
海外は、自分の場合は入社2年目の時に半年ほどシンガポールに出張したのが一番長いですかね。それも半年行ったままではなくて、1ヶ月の中で3週間行って1週間帰ってくる、という。研修に近かったので。行ったり来たりしていました。
現状だと、海外出張は「2週間程度の出張」が多いですね。

客観的に見たヤマウチ

部署?社内の風通しはいいので、相談などはしやすい環境だと思います。
仕事に関しても早い段階から色々任せてもらえるのでやりがいはあります。
自分の意見や提案も聞いてもらえるし、それに対する助言もしてもらえるので、自分の考えを持って主体的に動く人の方がやりやすいかもしれないですね。

韩国和日本免费不卡在线V/2012国语在线看免费观看/性夜夜春夜夜爽/看a片