MENU

YAMAUCHI Co., Ltd.
RECRUIT SITE

INTERVIEWインタビュー

PROFILE

名前 : 宇都宮 健爾(ウツノミヤ ケンジ)
出身大学 : 阪南大学 流通学部 卒
入社 : 2009.04.01
所属 : 中国営業
担当 : 営業(海外)

海の向こうでしか
味わえない成長。

異なる空気を感じながら

同大学の先輩がヤマウチにいて、評判が良かったので入りました。あとは本社には面接と試験で2回伺ったのですが、乗ったタクシーの運転手さんが、面接してくださった総務部長と全くの同姓同名で運命を感じまして(笑)
入社して最初は東京に配属になりましたが、3年後に中国の深圳工場に配属されました。
そこでは日本側が受注したアイテムをスムーズに作るための営業や、量産アイテム数が多いので、お客様が困った時の工場との橋渡しをしたりしています。
中国は市場が大きいので、新規拡販で動きまわっていますが、休みが無いわけではなく、日本と同じで土日は休みです。
近所の方々や、お客様、仕入先など、会社以外の方とスポーツをしています。情報交換もできますし。特に不自由なく生活させてもらっています。
日本食も多く、会社のメンバーとの食事など、海外にいるメリットは味わっています。

初めての地での異なる文化と

もちろん日本との違いはたくさんあって、言葉の壁、考え方の違いなど、戸惑うことはたくさんありました。
ただ、工場にも日本語を話せる営業スタッフさんがいるので、安心しました。すぐにニュアンスが伝わらないこともあるのですが、お互いが納得できるまで話し合う。
コミュニケーションが大切、という部分ではどこの国も同じかもしれません。パワーは使いますが、自分の為になっていますね。
話せないままでも仕事はできますが、新たに中国語を勉強したり、気晴らしにもなるので学校に通ったりしています。
人脈も広がりましたし、様々な話を聴けるので、赴任してよかったと思っています。

ヤマウチ株式会社で働いて

海外に来ることができたこと、海外に行ける会社でよかったと思います。
現地の考え、異文化を肌で感じることでき、多くの経験を積むことができるので、視野は広がったかなと思います。
日本人が少ない環境で、1人1人に任せられる仕事が多いので、責任感は昔より強くなってきましたね。
LINEも使えますので、日本や海外の知り合いとも連絡は取れます。
最初は不安でしたが、同じ会社の方がいるという点、助け合っているのでこわくありません。

韩国和日本免费不卡在线V/2012国语在线看免费观看/性夜夜春夜夜爽/看a片